逮捕されないか不安~こんな場合、逮捕されますか?

風俗トラブルにより、風俗嬢等のサービス提供者が被害届を出したり、風俗店が通報し、警察が動くことになった場合、自分がいつ逮捕されるのか、逮捕されれば周囲に風俗トラブルのことがばれるのではないか、学校や勤務先をやめなければならないのではないか、などの不安は尽きないことでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、的確な逮捕リスクをご説明させていただくとともに,不必要な逮捕を防ぐための対応も行っております。

 

逮捕されそうな場合のQ&A

警察が動くことになれば必ず逮捕されるのでしょうか?

風俗トラブル事件を警察が認知したとしても,必ず逮捕されるわけではありません。

逮捕されるのは,原則として犯罪をしたことについて嫌疑(逮捕の理由)があり,証拠隠滅や逃亡のおそれ(逮捕の必要性)がある場合です(ただし,現行犯逮捕などの例外があります)。

 

警察からの出頭要請を拒否(無視)しているのですが,逮捕されますか?

出頭要請の拒否(無視)は,それが度重なると逃亡のおそれなどの逮捕の必要性をうかがわせる事情の1つになると考えられています。

出頭要請を1回拒否(無視)しただけでは,それだけをもって直ちに逮捕される可能性は低いですが,度重なるほど逮捕の必要性があると判断され、逮捕される可能性は高まると考えられます。警察に出頭できない事情があれば,警察に連絡をして日程調整をするのが無難です。

 

警察に出頭したら,そのまま逮捕されるのですか?

警察への任意出頭や任意同行では,必ずしも逮捕されるとは限りません。

自ら警察に出頭して適切に取調べに応じるなどしていれば,事案によっては逮捕の必要性はないとして逮捕されない可能性があります。

ただし,警察が既に逮捕状を準備しており逮捕を予定して任意同行・出頭を求める場合や,出頭後の取調べにおいて容疑が濃厚になったとして逮捕に至る場合もありますので、逮捕リスクの程度については、一度弁護士に相談されるのをおすすめします。

 

逮捕を防ぐためにはどうしたらよいでしょうか?

前述のように逮捕されるのは,逮捕の理由と必要性がある場合です。

後述の「逮捕を防ぐための弁護活動」などにより、逮捕の理由と必要性がないことを捜査機関にわかってもらえれば、逮捕リスクを下げることができます。典型例としては、早期の示談成立が逮捕リスクを下げる方策として考えられます。

 

逮捕を防ぐための弁護活動

早期の示談

警察が逮捕するとの判断をする前に、被害者との間で早期に示談を成立させることは、逮捕を防ぐ上で最も有効な弁護活動の1つです。

示談が成立すれば、警察も、刑事事件として大事にする可能性が低くなります。そうなれば、警察が逮捕までする可能性も低くなります。

もっとも、風俗トラブル事件において、加害者本人が、風俗店側との間で直接示談交渉をすることには、示談したいでご説明しているとおり、多くの問題点・デメリットがあります。

早期に、かつ安全に示談を成立させるために、風俗トラブル事件に精通した弁護士に依頼することをおすすめします。

 

出頭や取調べの対応についての適切なアドバイス

捜査機関が逮捕の必要性を判断するにあたっては、呼び出しに対する出頭態度や、取調べにおける供述の内容・態度も考慮要素となってきます。

弁護士に依頼をすれば、出頭や取調べに関して、具体的にどのように対応をすべきか、事情に応じて適切なアドバイスを受けることができます。

 

警察署への出頭の付添い

警察署への出頭を拒むと、逃亡のおそれがあるなどと判断され、逮捕される可能性が高くなります。

しかし、警察署への出頭には不安がつきまとうことでしょう。

あいち刑事事件総合法律事務所では、警察署への出頭の付き添いサービスも行っており、取調べ対応のアドバイスをしつつ、不安に対する精神的なサポートをします。

 

逮捕しないように捜査機関と交渉

逮捕を事前に防ぐためには、逮捕の理由や必要性がないことや、示談が成立していることを主張し、捜査機関を説得して納得してもらう必要があります。

このような活動を、現に被疑者となっている本人で行っても、なかなか捜査機関に納得してもらうのは難しいでしょう。

弁護士に依頼をした方が、捜査機関において、逮捕するかの判断において慎重になることを期待できます。

風俗トラブルが刑事事件に発展し、逮捕されるか不安でお悩みの方は、刑事事件・少年事件のみを専門的に取り扱う弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務にご相談ください。風俗トラブルに精通した弁護士が,直接「無料相談」を行います。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー