ケース別(利用客側)~利用したお店が警察の摘発に…~

風俗店でサービスを受けていたら、突然警察官たちが入ってきた…

警察官に、「後日またあなたからも話を聞かせてもらいます」と言われた…

この間利用した風俗店が警察に摘発されたらしい…

この間利用した風俗店が、無許可営業だったみたい…

風俗店を利用したところ、その風俗店の運営に問題があったために、利用客もトラブルに巻き込まれることがあります。

風営法上の許可を受けずに、いわゆる無許可営業を行っている風俗店は後を絶ちません。そういった風俗店は、警察に監視され、ある日突然摘発・家宅捜索の対象になることがあります。その際たまたま店内にいた客らは、突然のことにひどく混乱するのはもちろん、“参考人”などとして警察の捜査に付き合わされることになってしまいます。

風俗店を利用する際、その風俗店の運営に何か問題がないか、しっかりと確認してから利用するというのが安全ではありますが、とはいっても、なかなかそこまで細かくチェックすることは通常しないでしょうし、呼び込み・キャッチ等をきっかけに利用する場合などは、確認の機会がそもそも無かったりします。

また、ある程度しっかりとしたHP等が存在していると、実際にそのお店が無許可営業などをしていたとしても、外部からは、法律上も問題のないきちんとした風俗店に見えてしまうことでしょう。

そういった中で、客の方としては何ら違法行為に関与している気が全くない中、風俗店利用中に突如警察の摘発・捜査に遭遇し、大パニックとなるようなことが起こってしまうのです。通常、警察の摘発時に店内にいた客は、しばらくの間そのまま待機させられ、場合によっては、その際受けていたサービスの内容、入店後の行動、風俗嬢とのやりとりの内容等々を聴かれ、客自身の個人情報も聴取されたりします。その客の相手をした風俗嬢に特に何か問題があったような場合、より詳しい話を聞かれることになり、警察署まで同行を求められたり、後日また事情聴取を行う旨告げられることもあります。

たまたま風俗店を利用中に警察の摘発に遭遇した場合、基本的には客の側には法律上の問題があったり、咎められたりするところはないです。

突然のことに困惑するでしょうが、ひとまず落ち着いて淡々と対応されれば良いでしょう。警察による事情聴取やその他の捜査協力要請についても、客としては、基本的には任意に協力をお願いされているという立場になります。法律上問題がある風俗店の捜査に関しての捜査協力者という立場です。

法律上は当然協力を断ることもできますし、少なくとも、事情聴取の時間・日時などについて何が何でも警察に言われるがまま応じなくてはいけないなどといったことはありません。

しかし実際には、かなり高圧的に、まるで客側にも応じる義務があるかのように接してくる警察官も少なくありません。なかなか解放してもらえず、長時間その場にとどめ置かれるようなこともあります。そのようなことでお困りの場合は、一度弁護士に相談されてみると良いでしょう。

弁護士が間に入って警察に話をすることで、あっという間に事態が好転することも珍しくありません。弁護士とそれ以外の人とでは、全く異なる接し方をする警察官はかなり多くいます。

なお、以上は、客側に特に“やましい”ところが無いことを前提にお話ししてきましたが、風俗店において受けていたサービスが本番行為を伴うものであったとか、相手の風俗嬢が18歳未満、あるいはその可能性がありそう、などいった場合には、その客に対しても本格的な捜査が始まり、刑事手続きが進行していく可能性があります。客自身の方にも法律上問題がありそうな場合には、早急に弁護士に相談しましょう。

いずれにせよ、風俗店を利用したことに際し、何か警察が関係するような事態が起こった、というような場合には、一度弁護士と話をしてみると良いでしょう。その結果、とくに心配する必要は無いといった結論であればそれで安心ですし、緊急の対応が必要ということであればそのまま弁護士が間に入って迅速・的確な対応を進めることになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、日々多くの風俗トラブルに関するご相談を受け付けています。利用した風俗店が警察の摘発にあった、利用した風俗店のことについて警察から再三連絡が来ている、などといった場合、ぜひ一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。刑事事件・少年事件の経験豊かな弁護士が迅速に対応いたします。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー