ケース別(利用客側)~お店から何度も電話が来ている…~

1 風俗店利用後に、風俗店から不在着信が…

多くの風俗店では、利用に際して客側の連絡先をお店に伝える必要があります。そのため、風俗店は、利用客の携帯電話の番号等を把握しており、客の利用終了後も客に連絡をすることが可能です。

しかし、風俗店の方が、利用終了後の客にわざわざ連絡を入れることは普通ありません。利用予約の際に連絡先を聞くのも、多くは、冷やかし目的の予約を避けるためや、客が予約の時間になっても現れない場合の確認連絡手段確保のためです。利用終了後もお店の方からむやみに連絡することは、そのお店の評判を大きく落としかねない行動ですし、通常はまずありません。

そうした中、利用客の方としては、利用終了後にお店からの電話があったりすると、非常に大きな不安を抱えることになります。不在着信になったとしても、今では、インターネットでその番号を検索にかければ、相手が自分の利用した風俗店だということは簡単に判明します。風俗店の方から連絡が来ることなど普通はないことなので、いざそれが来ると、様々な不安が頭を駆け巡ることでしょう。

 

2 やましいところ・うしろめたいところが無い場合

利用客の方に特段やましいところ・うしろめたいところが無いのであれば、一度こちらから電話を架けなおしてみるのも良いかもしれません。いつまでも、むやみやたらに想像を膨らませて不安な気持ちになっていても、単なる杞憂で終わるかもしれません。いざ連絡してみると、例えば、忘れ物の連絡であったり、珍しく営業の連絡だったりするかもしれません。そうであれば、何の心配もなく解決です。

あるいは、ひとまず様子を見てみて、お店の方からの連絡が繰り返されるような場合には、またその時点で対応を考えるというのもあり得るでしょう。

しかしこの場合には、利用客の方としてはやましいところ・うしろめたいところが何もなかったとしても、お店・風俗嬢の方としては何らかの理由で性犯罪等の被害の意識をもっていて、客側が連絡に応答しなかったことで、より事が大きくなってしまうといったリスクがあることは十分頭に置いておく必要があります。

 

3 やましいところ・うしろめたいところがある場合

利用客の方に何かやましいところ・うしろめたいところがある場合には、慎重な対応が必要になってきます。

お店からの連絡は、まさに客の方も気にしていることについて、事実確認や何らかの要求・協議のためのものかもしれません。それへの応答をしないことで、警察への被害申告や正式な民事上の請求などがなされ、どんどんと事が大きくなっていってしまう恐れがあります。

風俗嬢に怪我をさせたり、明らかに犯罪に当たると分かるような行為に及んだ場合は分かりやすいですが、とくに注意が必要なのは、プレイの最中に感情がたかぶったりした結果少々過激な行動に及び、途中で正当なサービスの範囲を超えた形になってしまったり、風俗嬢の許容する範囲を超えた形になっていたりする場合です。

客の方としても、違法な行為をしたという明確な認識がないため、適切な対応をとるのが遅れがちです。

また、風俗嬢側と客側で認識のズレが大きく、客側としては大したことはないと思っていても、風俗嬢の方ではかなりの被害感情を抱いている可能性があります。

お店や風俗嬢の方から連絡があった場合に、「ひょっとしたらあのことかな?」と思うようなことがあるのであれば、そのまま無視していると、警察が介入したり民事上の正式手続きに発展したりするリスクが大きくなってしまいます。早急に対応の仕方を検討する必要があります。

 

4 風俗店側と話をする前に、一度弁護士に相談を

風俗店や風俗嬢からの連絡に応答・折返し連絡をして実際に話をしようという場合には、事前に弁護士に相談しておくことが有益でしょう。ご自身の行為が法的に問題あることなのか、相手の言い分が本当に正しいのか、といったところから始まり、話し合いで解決を図るとしても、果たして妥当なラインはどこなのか、示談金・解決金の妥当な金額はいくらなのか、といった諸々の点について、法律のプロである弁護士と事前に相談しておくのが良いでしょう。

いきなり当事者の方が連絡をしてしまうと、相手のペースに飲まれ、不当な要求に屈してしまったり、通常よりも過大な賠償金を払う結果となってしまったりしかねません。

また、一度済んだかのように思われた話でも、後々に蒸し返されたり、次から次に様々な要求をされ続けたりする可能性もあります。きちんと終局的な解決が図れるよう、事前に法律的アドバイスを受けておくことが安全です。

さらに、ご相談いただいた上で、当事者の方だけで対応するのは危険・不安だという場合については、弁護士が依頼を受けて前面に出て対応することも検討されると良いでしょう。

弁護士を付けた場合には、相手方もその弁護士を通じてのみ連絡してくることができる状態になります。当事者の方に直接連絡することは基本的になくなります。風俗店や風俗嬢の連絡・要求が過激であったり強圧的であるような場合には、弁護士の対応に一本化するのが安全かもしれません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件を専門に扱っており、風俗店利用に際してのトラブル事案にも、常に数多く対応しています。弊所の弁護士は、刑事事件に特化しているからこそ、個々の刑事事件にスピーディーに対応できます。

当事者間交渉から始まり、捜査機関が介入してしまった場合にはその対応に至るまで、刑事事件の最初から最後まで、当事者の方に親身に寄り添った活動を行います。

風俗店を利用してお店や風俗嬢とトラブルになってしまったら、ぜひ一度早めに弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー